看護師さんの<受かる>履歴書の書き方 | 世界一わかりやすい看護師求人口コミサイト!






看護師さんの<受かる>履歴書の書き方

看護師の履歴書

看護職員の離職率は2008年度から4年連続で常勤・新卒ともに減少傾向にあり、日本看護協会が出している最新データによれば常勤:10.8%、新卒7.5%となっています。新卒者の離職率が近年高まり、3年以内に約30%の人が離職している現状からすると非常に低い離職率であることがわかりますね。

とはいえ、家の事情やライフスタイルの変化、職場や仕事内容の悩みや職場環境など様々な事情で転職をすることもあるでしょう。平均転職回数は2~3回と言われていますので、その度に履歴書を書かなければなりません。でも久しぶりに履歴書を書くと、書き方がわからず行き詰ってしまったことはありませんか?ここでは、履歴書の書き方をわかりやすく解説していきますね。

 

1. 採用担当者から聞く、書類選考で落ちる人6つのポイント!

ここではまず、書き始める前にどのような人が書類の時点でNGなのか採用担当者から聞いた6つのポイントを紹介します。採用担当者にとって最大の情報源は履歴書です。「看護師」としては全く問題ないのに、履歴書で落とされた!という事態にならないよう、まずはこれから紹介する6つの内容をしっかり頭に入れておいてください。

(1) 私服や茶髪、ピアス、ピース、プリクラ、デジカメ写真
(2) 間違えた箇所を修正テープ、修正液で修正
(3) 経歴や記載内容を偽って記入
(4) 自己PRが職務と関係がない内容
(5) 志望動機が志望先とは全く関係がない内容
(6) あなたが書いた字が読めない(ほど汚い)、誤字脱字が多い

さて、これらの失敗事例をみてあなたはどう思いましたか?「当たり前じゃん!」と思った方、「え?!だめなの?!」と思った方もいらっしゃるかと思います。これらは全てNGです。これらに共通するのは、「社会人としての常識に欠けている」ということです。以下、①~⑥のポイントについて採用担当者の本音です。

(1) 私服や茶髪、ピアス、ピース、プリクラ、デジカメ写真

採用担当者(以下:採):患者さんの命を扱う看護師さんとしての常識に欠けます。安心して任せられません。3ヵ月以内に撮影した証明写真の貼付が望ましいです。

(2) 間違えた箇所を修正テープ、修正液で修正

採:誤った箇所を「隠す」という行為から、今後何か問題が発生した時にも報告なく「隠す」のでは、と思ってしまいます。手間だとは思いますが、新たに作成して頂ければと思います。

(3) 経歴や記載内容を偽って記入

採:言語道断です。どのような職歴であったとしても、書いて頂いたほうがご本人のありのままの姿として面談させて頂けますし、信頼ができます。

(4) 自己PRが職務と関係がない内容

採:入職して頂く事を想定して面接させて頂いておりますので、どのように業務に活きてくるのか、想定しづらいです。職務に関連する、または繋がる内容で記述頂ければと思います。

(5) 志望動機が志望先とは全く関係がない内容

採:当院でどのような働き方をなさりたいのか、または熱意が伝わってこないですし、やはりこちらとしても長く一緒に働ける方を希望しますので、出来るだけ具体的に書いて下さる方が望ましいかと思います。

(6) あなたが書いた字が読めない(ほど汚い)、誤字脱字が多い

採:ご本人としては丁寧に書いてくださっているかと思いますが、こちらとしては読解が困難な履歴書から感じ取るのは、「報連相が難しいのでは」ということです。仕事柄、引継ぎの際に手書きで行うものも多いので、そのように感じてしまいます。字が苦手ということであれば、思い切ってPCで作成して頂いた方が宜しいのではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか?採用担当者の本音をふまえてここから具体的に履歴書の書き方について書いていきますね。

 

2.履歴書を書く前の準備

(1) 履歴書選び

履歴書にはB5判(B42つ折りのサイズ)とA4判の2種類がありますが、基本的にはどちらを使用しても問題ありません。郵送で送る場合、直接手渡しをする場合とありますが極力折らずに済む方を選ぶと良いでしょう。ちなみに一般的に使用される書類の大きさはA4サイズですので、応募先としてはA4の方が取扱いやすいでしょう。

また、職務経歴書はA4サイズで作成することがほとんどではないでしょうか。その場合には大きさを合わせた方がスマートですので、A4判の履歴書で作成されることをオススメします。所定の履歴書がある場合にはそちらを使用して下さいね。

履歴書を購入する際のポイントは以下の5つです。

① 折らずに入る封筒が入っているか。
② 証明写真を貼付ける際の両面テープが入っているか。
③ 書く内容がご自身に合っているか。(例:中途であるにも関わらず、得意科目の記載が必要な履歴書は避けた方が良い)
④ 学歴、職歴、資格欄等がご自身の書く量を満たしているか。
⑤ 自己PRや志望動機、その他特記事項欄への分量を満たしているか。

以上のポイントを踏まえて履歴書を選んでみましょう。

(2) 年号は西暦ではなく和暦(昭和、平成)

ご自身の生年月日、学歴、職歴、資格欄には年月日を記載する欄があります。書き始める前にあらかじめ全て調べておきましょう。(例:2008年→平成20年)

(3) 正式名称を調べる

ご自身の出身校、これまでの勤務先を略称ではなく全て正式名称で書かなければなりません。事前に調べておきましょう。(例:医療法人○○会 △△病院、□□県立○○高等学校 普通科)

(4) 資格証明書を準備

履歴書には各種資格欄に正式名称、取得年を記述する箇所があります。相違がないよう、正しい取得年を記載できるよう準備しましょう。

 

3. 履歴書の書き方

(1) ~個人情報欄~

さていよいよ履歴書を書いていきます。まずは個人情報欄まで。

① 鉛筆で下書き

いきなりボールペンや万年筆で書きだすと、間違ってしまった時に後戻りができなくなってしまいます。まずは全て鉛筆で下書きをしましょう。この時のポイントは筆圧が強い場合は後が残ってしまうので、薄く書くことです。

② 名前と押印はまず先に

多くの履歴書は氏名の横に押印欄があります。最後まで書ききって最後に押印をすることがほとんどだと思いますが、この押印に失敗して書き直した!という話をよく聞きます。押印はミスするポイントですので、下書きが完了したらまず押印しておくことをオススメします。

③ 日付

履歴書左側の上部に日付欄があります。書き漏れや誤った日付を記載しておられる方が多いことが特徴です。ここには、ポストに投函する日、または持参する場合は面接する日を和暦で記載するようにしてください。

④ 証明写真

3ヵ月以内に撮影した写真を貼り付けてください。スナップ写真、プリクラは絶対にNGです。スーツを着用し、清潔感のある身だしなみで撮影しましょう。その際の注意点としては、男性・女性ともに前髪で目が隠れたりしないよう、事前にチェックをしましょう。口を閉じて、口角を上げた表情だとベストです。

⑤ 氏名・ふりがな(フリガナ)

記入欄に合わせて大きく書きましょう。「ふりがな」とある場合にはひらがな、「フリガナ」とある場合にはカタカナで書きましょう。

⑥ 生年月日

和暦で記入しましょう。

⑦ 住所

郵便番号、都道府県名から記入し、アパート・マンション名まで省略せずに正確に書きましょう。住民票等の公的書類と同じ書き方をするのがベストです。

⑧ 電話番号

日中連絡がつく電話番号を記載しましょう。自宅に固定電話がない場合は、携帯電話でもOKです。

 

(2) ~学歴・職歴欄~

まずは学歴職歴欄の1行目の中央に学歴と書きましょう。

① どこから書く?

新卒者の場合は中学校入学時から書きます。転職者の場合、学歴は高校入学から大学・看護学校卒業まで書けば十分ですが、その他大学院等に在籍した期間があれば漏れなく記載するようにしてください。

② 和暦で統一、学校名は正式名称

卒業・入学年は、全て和暦で統一させます。また、入学、卒業の学校名が同じでも、「同上」などと省略せずに正式名称を書きましょう。学歴の記入が完了したら、次は職歴です。学歴を書いた最終行から1行空けた行に職歴と書きましょう。

③ 病院の場合は「入職」、「退職」

一般企業の場合は「入社、退社」と書きますが病院の場合は「入職、退職」、または「勤務、退職」と書きます。

④ 和暦で統一、勤務先は正式名称

入職、退職年は全て和暦で統一させます。入職、退職の勤務先名が同じでも、「同上」などと省略せずに正式名称を書きましょう。

⑤ 配属部署まで明確に

大きな病院であれば部署がありますよね。例えば、外科経験が多いにも関わらず、内科や精神科など経験外の病院に応募する場合もあるかと思います。しっかりと記載するようにしましょう。

⑥ 内部での部署異動も記述する

同一勤務先内における部署異動も重要な情報ですので、しっかり記述しておきましょう。
例:平成○○年○月 医療法人○○会○○病院 入職 小児科病棟配属
  平成○○年○月 外科病棟配属

⑦ 退職理由を添える

一般企業の履歴書も同様ですが、退職理由を添えましょう。具体的には病院・会社都合の場合は「病院都合により退職」、「会社都合により退職」、自己都合による退職の場合は「一身上の都合により退職」と書きます。

⑧ 派遣社員として勤務経験がある場合

例:平成○○年○○月  株式会社A社に派遣登録し、派遣スタッフとして次の職務に従事
  平成○○年○○月  医療法人B会 C病院、外科病棟 看護業務(平成○○年○月まで)

⑨ パート・非常勤として勤務経験がある場合

看護師としてパート等勤務した場合には「平成◯◯年◯◯月 △△医院にてパート勤務」と書きましょう。また、看護師以外の職種でパート等勤務した場合は「平成◯◯年◯◯月 株式会社××で事務職のパート勤務」のように、どのような職務を行っていたかも添えて書きましょう。

 

(3) ~免許・資格欄~

取得した時期が古いものから記述しましょう。

① 和暦で統一、資格名は正式名称

日付、生年月日、学歴、職歴欄と同様、和暦で統一し、全て正式名称で書きましょう。

② 看護師国家資格、見込みの書き方

「平成◯◯年◯◯月 看護師免許 取得」
「平成◯◯年◯◯月 准看護師免許 取得」
「平成◯◯年◯◯月 助産師免許 取得」
「平成◯◯年◯◯月 保健師免許 取得」と書きます。
見込みの場合は、「取得見込み」と書きましょう。

③ 看護師資格以外の資格について

直接関係のない資格であっても、書いても基本的にマイナス評価にはなりません。英検や漢検、運転免許、PCスキルや簿記といった資格を持っている場合には書いてもOKです。

 

(4) ~志望動機欄~

履歴書の中で最も重要な箇所であり、採用担当者が注目する項目です。採用担当者によれば次のポイントが具体的に書いてあると、わかりやすいそうです。

① これまでどのような経験をし、その経験の中で何を感じ今に至っているか。
② なぜ転職をしようと思ったのか。
③ なぜ他ではなく応募先を選んだのか。
④ 今後応募先でどのような働き方をしていきたいのか。あるいは、どのような貢献ができるか。

また、NG表現は次の3つです。

① ありきたりな言葉。(貴院の理念に惹かれて~)
② マイナスな言葉。(排せつ介助が苦手で~)
③ 受け身な表現。(学ばせて頂きたい)

これらの点を踏まえ志望動機を書いていきましょう。

(5) ~自己PR欄~

自己PR欄は業務と直接関係ないのではと思われがちですが、採用担当者はこの欄からその人がどのような働き方をしてくれるのか想像するそうです。転職後、どのような働き方ができるのか、自分の長所をどのように活かすことができるのかを書くと良いでしょう。

(6) ~趣味、特技、その他特記事項~

趣味、特技欄に関しては面接の際に話を膨らませる際に使用される欄です。採用担当者がその人の事をもっと知りたい、と思った際にこの欄が重要になってきます。ご自身の趣味や特技がある場合には、そのまま記載すると良いでしょう。

パチンコや競馬等の賭け事に関する記載はオススメしませんので、その点はご注意下さい。 その他特記事項には、ご自身の現状(子育て中など)、入職時期や勤務時間、勤務地などに希望がある場合はここに記入します。その場合、「理由」を明確に書きましょう。特にない場合は「特になし」でOKです。

履歴書の書き方については以上です。全ての欄を埋めることは出来ましたか?ご自身の生活や人生を左右する転職、このサイトを見ただけでは不安!という方もいらっしゃると思います。看護rooナースではたらこなら無料登録するだけで、転職のプロが履歴書の添削をしてくれます。履歴書の書き方で失敗したくないなら、まずはお試しで登録してみてください。