ナースバンクとは?

ナースバンクはどんなところ?

看護師になる方ならまず覚えておきたいのがナースバンクの存在です。看護師専門のハローワークとも言われるナースバンクは、就職や転職のために新しい職場を探す看護師さんのために各都道府県に設置されている無料職業紹介所です。

公的な機関ですので、もちろん厚生労働大臣の認可を受けてハローワークの管轄・指導のもとに職業紹介業務を行なっています。各都道府県のナースバンクを管理・運営している看護協会は、社団法人 日本看護協会が中心となって各都道府県の看護協会と協力して、日本全国の看護サービスの質の向上に取り組んでいる組織です。

ナースバンクを利用することで、看護師に関する全国各地の求人情報を閲覧し、応募できるだけでなく、専門の相談員に就職・転職に際しての相談に乗ってもらうことができます。もちろんすべて無料です。利用資格は、看護職関係の資格があればOKです。正看護師・准看護師はもちろん、看護学生なども含みます。

インターネット求人情報サービスも展開しています。

e-ナースセンターという看護職専門の看護職に特化したインターネット求人検索サービスですので、その検索方法も細かく、自分の希望やライフスタイルに沿った求人を絞り込むことができます。

たとえば、た雇用形態は「常勤/非常勤/臨時雇用」を選べます。 勤務形態に関しては、「3交替制」「2交替制」「3交替制と2交替制の併用」「当直制のみ」「日勤のみ」「夜勤のみ」といった具合に自分の望むスタイルで絞り込め、さらに勤務時間の時間設定ができるだけでなく、「勤務時間を越える労働の有無」も設定でき、時間外労働をするしないも選んだ上で、求人情報を見ることができます。ここまで勤務の実態に沿った形で求人情報を探せるのは、看護職専門のサイトである強みだと言えます。

しかし、ナースバンクにも大きな弱点があります。それは、ナースバンクは民間の人材斡旋会社が運営する看護師転職サイトなどとは異なり、就労条件の交渉や確認は自分で行なわなければなりませんし、就業相談もそこまで詳しく専門的なところまでは乗ってもらえない場合もあります。あくまでナースバンクは地方自治体からの委託事業として運営されているものですので、看護師転職サイトと比べると不便だったり手間がかかる面があることは理解しておく必要があります。

なお、ナースバンクという呼称は本事業の総称ですので、各地域ごとにナースバンクのことをナースプラザやナースセンターなどといった別の呼称で運営しているところもあります。