看護師のお給料は高いって、本当なの!? | 世界一わかりやすい看護師求人口コミサイト!






看護師のお給料は高いって、本当なの!?

看護師のお給料事情

バブル崩壊後、景気が右肩下がりの日本において、サラリーマンの昇給や賞与に陰りが見えるようになり給与は頭打ちとなりました。それに伴い、新卒の初任給の金額も年々下がっていき、かつては「年齢=月給」などと言われる時代もありましたが、今では中途採用の初任給が20万円を切る求人も多くなりました。そんな中、看護師のお給料は高止まりしています。

初任給でいえば、平均23~25万円前後といったところで、中には20万円以下の求人もありますが、大手の病院では30万円を越す初任給を出す病院もあり、かなり高待遇な職業と言っていいでしょう。 給与面では、総合病院や大学病院がやはり高額が期待できるようで、その他では訪問看護や美容整形外科など保険の効かない専門医院がそれに次いで良いようです。

また、看護師の手取り額は額面よりさらに多いのをご存知ですか?それは夜勤による手当てがあるからです。深夜手当もあれば、勤務体制によっては時間外手当までつくので、もちろんその分、気力体力は消耗しますが、給与額は上乗せされます。

もう一つ、世間でよく問題として取り上げられる『サービス残業』もなく、今ではどこの病院でも厳密に労働時間が管理されていますので、時間外手当や深夜手当が確実にもらえますので、年収600万円や700万円にも手が届く看護師もいるようです。ただ、国家資格を取得する必要のない「准看護師」はこの水準よりは給与は安くなるようです。

このように給与面では高待遇な看護師ですが…

それは厳しい国家試験に合格し日夜、相応の職務を全うしているからです。多岐にわたりこなさなければならない仕事も多く、なおかつ人命やひとの人生を狂わせてしまいかねない重い責任がつきまとう仕事もあり、精神的にも肉体的にもとてもキツい職業です。だからこそ、これだけの報酬が保証されているということなのです。

ただ、昨今の不景気の煽りを受け、基本給は高いものの、就職後の昇給や賞与に関してはかなり厳しいらしく、なかなかベースアップもままならない職場もあると聞きます。ベテランになれば、新米の何倍も何十倍も仕事をこなせるものですが、だからといってグングン昇給するというわけではありませんので、そのあたりにジレンマを感じる看護師もいて、より良い条件の転職を考えることもあるようです。

もう一つ頭に入れておきたいのは、医療の世界というのはまだまだかつての学歴社会や学閥といった意識が根強くある業界ですので、学歴や出身校によって給与や昇給などの待遇面に大きな影響がでることもあるそうです。そういったことにも少し注意を払っておくと良いでしょう。