オペ室(手術室)の看護師求人を探すベストな方法

休日出勤や超過勤務が比較的少ないという点から、看護師求人の中でも人気が高いオペ室。

病棟での看護とは異なる専門的な知識や技術を身につけられる場として注目されており、キャリアアップを目指す上でも、オペ室勤務の経験は必ず活かされます。

私の知る看護師長も、外来・病棟・オペ室と様々な勤務を経験されていたので、オペ室と病棟の上手い橋渡しとして活躍されていました。このことからも、オペ室勤務の経験は、キャリアアップを図る上で大いに役立つと思います。

近年の手術件数の増加に伴って求人数も増えてきているようですので、オペ室での勤務を考えているなら今がチャンスかもしれません。

オペ室(手術室)看護に求められるスキルとは?

オペ室看護は、いわゆる器械出しや外回りと呼ばれる直接介助と間接介助に大きく分けられます。

器械出しの看護には、多くの解剖的な知識や、それぞれの手術の術式を理解して、より的確な介助を行なっていくスキルが必要です。また、瞬時に循環動体を把握して、それに伴うタイムリーな情報を術者に提供しなければいけないため、常に高い緊張感を持ちながらも冷静且つ迅速な判断と行動が求められます。つまり、専門的な知識やスキル、迅速な判断力や行動力に加え、長時間にわたる張りつめた緊張感に耐えられる、強い精神力とタフな体力も必要になるというわけです。

そして外回りの看護では、手術を受ける患者や家族の不安や負担を取り除くことができるコミュニケーション能力が重要になってきます。

オペ室(手術室)の求人選びのポイント

オペ室の看護師求人を探す場合は、一般的な病院や施設などの求人情報で提示されるような勤務時間や勤務形態、給与などの情報の他に、いくつか確認しておいたほうがいいポイントがあります。

まずは、その病院での手術件数や、どのような診療科の手術を多く行なっているかという点です。手術件数とその専門性によって大まかに忙しさなどを予測したり、これまでの病院や施設などでの経験と関連づけることができるかどうかなどの判断材料になると思います。また、様々なコ・メディカルのスタッフがいる病院では、より高度で先進的な手術を行なっている場合も多く、スキルアップの場としての判断にも活かせます。

そして次に確認しておきたいのはオンコールの体制です。オンコールの頻度や、実際に呼ばれる回数などは、絶対に確認するようにして下さい。オンコールで呼ばれなくても、待機による精神的な負担や制約などを嫌って、オペ室を敬遠する場合もあると思います。しかし、最近では、オンコールの回数を調節したり、オンコールのメンバーから外してもらったり、実際に呼ばれた際の対応時間についてなど、オンコールに関する様々な状況に柔軟に対応できる病院も増えてきているようです。

オンコール手当が支給される場合も多く、その額や支給条件なども含めてオンコールへの体制がどのようになっているのかをしっかり確認しておきましょう。

看護師転職サイトを利用した方がいい

看護師が希望する勤務先は、病院、診療所、福祉施設、保育園など幅広く、一口に病院と言っても総合病院から地域の病院、診療所などその規模に違いがあり、診療科も様々です。福祉施設なども同様に数多くあり、それぞれに特徴ある仕事ができます。看護師の求人件数は数多くあり、その内容も多様で、選択肢は数多くあると言えるでしょう。

しかし、その多様性もハローワークや、一般的な求人誌ではなかなか得られないことが多いです。その点看護師転職サイトでは、より詳細な情報を収集しているため、数多くの条件項目の中から、自分に合った求人を探すことができます。そのため、より希望に添った転職先を見つけることができるのです。

看護師転職サイトを利用すると、ハローワークや一般的な求人誌には掲載されていない、非公開の求人情報を得ることができます。さらに、履歴書の添削や面接対策、雇用に際しての条件交渉など、様々な転職サポートを無料で受けられます。また、自分の希望を提示しやすいところなのかどうか、教育体制や職場の雰囲気はどうかなど、細かい内部情報も担当のキャリアコンサルタントを通じて事前に知ることができるため、ミスマッチの少ない、自分にとって高条件の転職先を見つけることができるのです。もちろん、上で書いた手術件数やオンコールの体制なども確認することができます。

オペ室(手術室)の看護師求人を探すなら、看護roo!ナースではたらこ看護のお仕事の3社がおすすめです。各社ともオペ室(手術室)に絞って求人検索ができ、転職サポートも充実しているので、是非利用してみて下さい。