ブランク明けの看護師が最短で復職する方法!

看護師の中でも特に多い離職の理由の一つが結婚と出産です。

女性が多い職場、職業であるため、結婚や出産で職場を一時的にでも離れる看護師は多く、一定期間後に復職するブランクのある看護師も多くいます。しかし、日進月歩する医療の世界では、短期間であっても現場を離れることは技術や知識の遅れを意味します。そのため、ブランクのある看護師が復職をする大きな壁になるのが、ブランクに対する職場の支援になります。

復職するには職場の協力が不可欠

ブランクを抱えた看護師がブランクを乗り越えて働くためには、職場の協力が不可欠になります。現在では、一時的に職場を離れている看護師を潜在看護師と称して、ブランクを抱える潜在看護師の職場復帰を推進しています。

各医療機関では、それぞれブランクのある看護師のための研修制度などを設けて、ブランクを乗り越える支援を行なっています。とはいえ、全ての医療機関がブランクを抱える看護師のために支援策を設けているわけではなく、転職サイトなどできちんと条件を設定して探さなければ、思うような支援を受けることは出来ません。

ブランク支援を行なっている医療機関を探す近道!

転職サイトでブランク支援を行なっている医療機関を探すためには、やはりキャリアコンサルタントの存在は欠かせません。キャリアコンサルタントは転職者の相談に応じて、能力や実績、経歴などを総合して、看護師自身にあった求人を紹介するのも仕事の一つです。ブランクのある看護師にとっての最大にして基本的な条件の一つが、ブランクのための研修制度にあります。この条件をクリアする求人を探すためには、やはりキャリアコンサルタントへの相談が最も早い方法になります。

検索条件の中に「研修制度」などを含めて検索をする事で目的に沿った求人を探すことも出来ますが、求人先との交渉など面倒なことも多く、出来るだけ有利に進めるのであればキャリアコンサルタントを利用するのがいいでしょう。

実際、私自身はそれで十分に研修を受けて職場へ戻ることが出来ました。ブランクを持っているなら、まずは研修制度のある病院へ。以上が私自身の経験からお伝えできるアドバイスです。