未経験の診療科へ転職するベストな方法!

看護師としての自分を更に磨きたいと向上心に溢れる看護師も多くいます。しかし、現実には診療科が変われば業務も大きく変わることが多く、未経験の診療科への転職は歓迎されない傾向にあります。

その上で転職を考えていると言う方は、しっかりと転職サイトのサービスを活用する必要があります。

一からのスタート

未経験の診療科への転職は、全くの新人としてのスタートになります。ある程度、看護と言うものに対しての知識と経験はあっても、診療科自体の経験が不足しているため、その診療科の業務を一から覚える必要があります。そういった意味では、新人としてのスタートであるのと変わりがありません。

病院側も一から教育をする必要があるため、即戦力ではなく長期的な目で見て人材を選択することになります。

マイナス面を補うためには?

未経験の診療科への転職を希望するのであれば、まずは転職サイトのキャリアコンサルタントへ相談する事が大切です。独自に求人を探す、検索をすると言うのもいいですが、キャリアコンサルタントを間に挟むことでマイナス面を感じさせずにスムーズに転職活動をする事が出来るようになります。

第一にマイナス点となるのが、未経験であると言う点ですが、この点もキャリアコンサルタントを間に挟むことでクリアする事が出来ます。

キャリアコンサルタントは膨大な求人の中から、未経験可と言ったような条件の求人案件を複数把握しており、個々人のやる気などによって紹介する求人が変わります。向上心があれば、相応にスキルアップやキャリアアップのための支援をしている求人の紹介や、研修制度の充実している求人の紹介をしてくれるでしょう。これは自分一人で求人を探していては見つけることの出来ない利点です。

看護師からの感想を述べると、向上心があり、仕事に対して意欲的、前向きに取り組む転職者は、それが未経験であっても経験者であっても同様に大切に扱われます。必要なのは、その職場で自分が何をし、何を求めているのかにあります。漠然と転職をしたと言うだけの看護師と目標があって業務に取り組んでいる看護師とでは、やはり仕事一つ一つにしても完成度が大きく違います。