第二新卒者が転職成功率を上げる確実な方法!

新卒者を求めている医療機関は非常に多くあります。一般の企業でも同様ですが、新しい世代と言うのは将来を担う労働力として貴重な戦力です。そのため、経費をかけても新人の教育を行ない、一人前に育てることが必要になります。

しかし、教育の過程で新人が職場に対して悪感情を持つということもよくあります。それで我慢して働き続けることも大切なことだとは思いますが、時には職場自体を変えてしまうというのも一つの手です。

転職に不利とされていたのは過去の話、第二新卒は意外と人気!?

古くは第二新卒などは「我慢が足りない」として採用自体が少なかった人材ですが、昨今ではより広い範囲で優秀な人材を探す傾向にあり、特に短期間であっても経験をしている第二新卒者などは雇用側としても人気の高い人材になります。

第二新卒の看護師が歓迎される理由としては、新卒者ほどの新人教育が必要ない点があります。基本的な新人教育自体は前職場で済ませてしまっているため、転職先の職場である程度の研修をすれば、即戦力として働くことが出来るというのが第二新卒者の最大のメリットでもあります。

医療機関も第二新卒者を歓迎しているところは多く、求人にも第二新卒者歓迎と記載しているケースもあります。第二新卒が転職に不利とされていたのは過去の話で、現在ではどの医療機関も第二新卒者を歓迎していることが多いですから、あまりこだわらなくても転職に困ると言うことはないでしょう。

これまでの経験から、ある程度の研修を受けている第二新卒者は即戦力としても非常に有用ですから、よほどの事がない限りは病院側も不採用にすると言うケースはありません。

しかし、長い人生のキャリア形成を考える上で、はじめての転職は最も重要な転機となります。転職は回数を重ねるごとに転職市場における評価は下がります。なので、はじめての転職が最後の転職となるぐらいの気持ちで、慎重に転職活動を行う必要があります。

はじめての転職なら転職サイトを利用するべき!

はじめての転職の場合、「求人の探し方」や「履歴書の書き方」、「条件交渉」など、転職活動でわからないことが山ほどあると思います。このような不安を全て解消し、転職活動をフルにサポートしてくれるのが転職サイトの存在です。転職サイトとは無料で転職活動を支援してくれる企業のことで、日本には看護師に特化した転職サイトが数多く存在します。

転職サイトに無料登録すると、プロのキャリアコンサルタントが、希望条件に合った医療機関の「情報収集や選択」、「面接の設定」、給与などの「条件交渉」など、転職活動をフルにサポートしてくれるので、転職の成功率がグッと高まります。はじめての転職において、これ以上力強い味方は無いでしょう。

はじめての転職だからこそ、プロの意見やアドバイスなどを聞き、自分自身でしっかりと納得のいく転職を実現してください。