40代以上のベテラン看護師が転職成功率を上げる確実な方法!

年齢を問わず日々多くの看護師が転職を希望しています。中には、40代を超える年齢のベテラン看護師が転職を考えていると言う事もあり、転職の難しさを痛感させられる話を聞くこともあります。

40代以上のベテラン看護師の転職は思っているほど簡単ではない

40代以上のベテラン看護師の転職は医療機関にとっても即戦力の獲得と言う意味でメリットの大きいものであると考える方もいますが、それほど簡単なことではありません。

第一に40代以上という年齢。40代であればまだいいですが、それが50代ともなれば、転職後に間もなく定年と言うこともありえます。せっかく雇用しても数年程度で定年と言うのであれば、別の若い世代を育成したほうが将来性は高いと考えられてしまう傾向にあり、転職自体が難しくなります。

そして第二に年齢ゆえの固定観念の強さ。我の強さと言い換えてもいいかもしれません。得てして年齢を重ねた人は、年下にあれこれと指示されることを嫌う方が多くいます。女性に限らず、男性にも多く、そうした方は職場の雰囲気を悪くする原因としてよく取り上げられます。

キャリアを持っていながら新人として扱われることに対する不満を爆発させるケースもあり、度々40代以上の転職者と既存職員との間での衝突が起こるという事例も実際に目にしてきました。

それでも転職は不可能ではない!

40代以上の転職は簡単ではないですが、それでも不可能と言うわけではありません。看護師不足と言われる現代では、それほどに教育をせずとも即戦力として活躍できる人材を求めている傾向にあり、特に40代などのベテランには職場での業務よりも職場を取りまとめる中間管理職的な位置で期待がもたれています。

転職サイトでも同様に40代以上の看護師の求人は、ほとんどが即戦力としての期待になります。転職サイトを利用する際には、年齢とキャリア、スキルなど自分を客観的に分析してコンサルタントに伝え、自分の能力を最大限に活かすことが出来る職場を紹介してもらうといいでしょう。

求人案件自体が少ないため、効率的に求人を探すのであれば、キャリアコンサルタントを利用しない手はありません。まずは転職サイトに登録することをおすすめします。