看護師経験者が語る看護師転職サイトのデメリットとは?

非常に多い看護師の転職ですが、その多くが転職サイトを利用しての転職活動を行なっています。 それほどに多くの看護師から利用される転職サイトには、やはり多くのメリットがあるのでしょう。

しかし、メリット(利点)があると言うことは、その逆にデメリット(欠点)もあると言うことになります。 転職を成功させるのであれば、転職サイトのデメリットについても知っておくことが必要です。

1.利用者が多い分競争率も高くなる。

転職サイトを利用する場合のメリットは多くの方が知るところでもあります。 では、デメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

まず第一に競争率の高さが挙げられます。 多くの看護師が利用していると言う事は、それだけ同じ求人を見ている看護師の数も多いということになります。 そのため、人気のある求人は集中的に応募が集まります。

比較的人気の高い求人としては、小規模なクリニックの看護師や教育機関の保健師、企業看護師などの求人があります。 いずれも求人数は少ないながら、多くの看護師が憧れる人気の高い求人となっているため、競争率は非常に高くなっています。

2.サービスの質が悪い転職サイトもある。

第二に、転職サイト自体のサービスの質が挙げられます。 ハローワークのように公的機関ということであれば、一律してサービスの質は同じですが、民間の求人サービスである転職サイトの場合、サイトによってサービスの質が大きく変わります。

ある転職サイトではコンサルタントなどが親身になって相談に乗ってくれると言う事もありますが、別のサイトでは軽く流して求人を紹介する程度の存在でしかないと言うケースもあります。

私の周りの医療関係者の間でも、転職サイトの当たり外れに関しての話題は多く耳にしました。

失敗しないためには、質の高い転職サイトを選ぶと言うことが大切です。 その上で人気の高そうな求人に対しては、コンサルタントなどを利用するなどして、万全を期して面接などの対策を練るようにするといいでしょう。 デメリットを知っておけば、それだけ対処のしようもあります。

転職を成功させるためには、メリットだけではなくデメリットも理解した上で、その対処をする事が必要です。