看護師経験者が語る看護師転職サイトの使い方

転職を考える看護師にとって、転職サイトはもはや欠かせない存在となりました。

非常に重要な位置にあるこの転職サイトですが、いざ利用しようと思った時にきちんと使えなければ、せっかくの優れたサイトも意味のないものになってしまいます。ここでは転職サイトの賢い使い方について紹介していきます。

複数の転職サイトに登録したほうが転職の成功確率が上がる!

看護師転職サイトを利用している人の大半は、2社以上の転職サイトに申込んで、希望条件に一番合った求人を選んでいます。

でも、複数の転職サイトに登録すると、対応に追われて面倒になる気がしますよね?それなのになぜ多くの人が複数の転職サイトに登録するのでしょうか?その理由は転職の成功率が上がるというメリットがあるからなんです。

事実、リクルートが運営する日本最大手の転職サイト「リクナビNEXT」が実施した調査によって、複数の転職サイトを利用した人の方が転職の成功率が高いということが明らかになっています。調査の内容は「転職の成功者が何社の転職サイトを利用していたか」を調べるものであり、結果は以下の通りです。


  • 転職決定者:平均4.2社

  • 全体:平均2.1社

上記のデータから見て取れるように、転職が決定している人の方が、全体の求職者よりも多くの転職サイトを利用していることが顕著に表れています。

この調査は看護師を対象に行われたわけではなく、一般企業向けの転職に関するデータのため、売り手市場の看護師転職の場合は、上記のように4.2社も登録する必要はないかと思いますが、少なくとも2~3社の転職サイトに登録されることをおすすめします。

では、なぜ複数の転職サイトに登録した方が転職の成功率が上がるのかというと、主に以下の3つの理由が挙げられます。

1.より多くの非公開求人を知ることが出来る

大手の転職サイトだとしても、すべての求人を網羅できているわけではありません。エリア限定で展開している中小規模の転職サイトでしか取り扱っていない非公開求人なども存在しています。

あなたがもし転職サイトを利用して転職活動を行うとしても、さすがに全ての転職サイトに登録することはありませんよね?それと同じように、求人を出す病院や施設側もすべての転職サイトを利用しているわけではありません。

企業側が利用する転職サイトを絞るということは、必然的に転職サイトによって取り扱う求人には差が出てくることになります。そのため、複数の転職サイトに登録したほうが、アプローチできる求人の幅が広がり、希望条件にあった求人を見つける可能性が高くなります。

2.キャリアコンサルタントのアドバイスを客観的に受け止められる

転職サイトを1社しか利用していない場合、担当してくれるキャリアコンサルタントも1名になるため、そのコンサルタントのアドバイスが本当に正しいのかどうかを客観的に判断することはできません。

キャリアコンサルタントといっても人間なので、アドバイスの内容にはその人個人の知識と経験に基づく主観が入りこむこともあります。そのため1人のキャリアコンサルタントだと、その人独自の考えに流されてしまうこともありえます。

しかし、複数の転職サイトに登録すれば、登録した転職サイトと同じ数のキャリアコンサルタントがついてくれるため、それぞれのコンサルタントのアドバイスや意見をより客観的な視点で判断することができるようになります。

転職は、今後の人生を左右する重大な転機のひとつなので、できる限り慎重に考えたいところです。そのためにも複数のコンサルタントについてもらい、客観的な視点でアドバイスの内容を判断できるようにしておく必要があります。

3.転職サイトを競わせることでサービスの質が上がる

キャリアコンサルタントが一番避けたいことは、自分が担当している求職者が他社の転職サイトを経由して転職を決めてしまうことです。

そのため、複数の転職サイトに登録していることを担当のコンサルタントに伝えると、他社に成果を持って行かれないようにと必死に頑張ってくれます。その結果、対応が早くなったり、求人の紹介量や質が上がることもあります。

複数の転職サイトを併用することで、上記のように様々なメリットを得ることができますので、転職サイトを利用する際は、是非2~3社の転職サイトに登録するようにしましょう。

希望条件を整理して検索効率を高める!

転職サイトの使い方として、覚えておかなければいけないのが求人の検索方法です。

看護師の求人情報と言っても全国各地、条件や診療科など実に多くの条件が存在します。漠然と検索をかけるだけでは、不必要な情報まで表示されることになるため、かえって効率を悪くすることも少なくはありません。出来るだけ時間を使いたくない多忙な看護師にとって、どれだけ効率的に求人を検索できるかは死活問題であると言ってもいいでしょう。

検索の仕方は各転職サイトによっても多少は異なりますが、概ね、勤務地、勤務帯、雇用形態、給料額、診療科の指定などが一般的です。これらを指定して検索をする事で、驚くほどに求人の件数を絞ることが出来ます。特に診療科の指定と給料額に関しては、自分の希望そのものと言っても過言ではありませんから、きちんと指定しておくことが必要です。

そのほか、病院の環境などに関しても指定することが出来る転職サイトも存在します。福利厚生は充実しているのか、教育システムはどうであるのか、キャリアアップのための支援が行なわれているのか。これらの情報はコンサルタントに確認をするか、実際に病院に問い合わせをして確認する以外にはほとんどのケースで得られることのない情報ですが、転職サイトによってはこれらの情報を掲載し、更に検索の項目として活用している転職サイトもあります。

大雑把に検索をかけ、更に詳細な条件などを指定することで、自分の求める理想の求人を探す事が出来るようになります。ただし、反面、検索条件が多くなればなるほどに該当する求人数も減少することになりますので、あまりに欲張った条件付けは転職活動そのものを阻害する原因にもなってしまいます。

私の周囲でも、高望みしすぎる条件で転職自体を諦めたというようなこともありました。そのため、まずは自分にとって絶対に譲れない条件は何なのかを考え、希望条件を整理してから検索するようにしましょう。