看護師経験者が語る看護師転職サイトの選び方

多くの看護師が転職する際に利用する転職サイトですが、「看護師 転職」や「看護師 求人」などで検索するとわかる通り、今や数多くの転職サイトが存在します。

全ての転職サイトが質の高いサービスを提供していれば、どこに登録しても構わないと思いますが、実際には当たり外れがあり、中には離職率の高いブラック案件を数多く取り扱っているところもあるため注意が必要です。

ここではその当たり外れの見分け方について紹介していきます。

有料職業紹介事業許可を受けているか?

有料職業紹介事業とは、転職サイトなどを介し、求人募集企業からの求人情報を紹介することで、手数料をいただく事業のことを言います。

この事業を行うためには厚生労働大臣の許可が必要になります。つまり、看護師に限らず転職サイトを運営するためには、必ずこの許可を受けている必要があります。ちなみにハローワークは無料で求人情報を紹介しているので、「無料職業紹介事業者」となります。

有料職業紹介事業許可を受けている場合は、「有料職業紹介事業許可番号」が、サイトの下部や会社概要ページなどに掲載されているので必ず確認するようにしましょう。もし、サイト内を探しても見つからない場合は、GoogleやYahoo!などで、「有料職業紹介事業許可 転職サイト名」で検索してみてください。

(例)「有料職業紹介事業許可 ナースではたらこ」

もし、「有料職業紹介事業許可番号」がどこにも掲載されていない場合は、そのサイトを信用してはいけません。必ずこの番号が掲載されている転職サイトを利用するようにしましょう。

利用者の数

転職サイトの選び方の一つとして、利用者の多い転職サイトを利用すると言うのも一つの手です。

利用者が多いということは、そのサイト自体がそれなりに充実したサポートやサービスの質が高いことを証明しています。また、利用者が多いサイトは、掲載されている求人情報の数も相応に多くなりますので、失敗しない転職サイト選びの一つの方法として勧められる手段になります。

実際、私の働いていた職場では、看護師同士で情報交換をしながら、話題に多く上がる転職サイトを利用すると言う看護師が多くいました。より多くの人間が利用しているならば、悪いわけはないだろうと言う安心感から来るものでしょうが、あながち間違っていると言うわけでもありません。人が集まれば、それだけいい求人を扱うことも出来、それだけスタッフを増やして充実したサポートを行う事も出来るようになります。

当サイトでは、有料職業紹介事業許可を受けていて、利用者が多い人気の転職サイトしか掲載していませんので、よかったら参考にしてみてください。