看護師の転職事情について

看護師の資格を取得して就職した後

家の事情、ライフスタイルの変化、職場や仕事内容の悩みや相性など、いろいろな事情で転職を考えることがあるものです。実際に看護師さんたちがどの程度、転職をしているのか?いくつかアンケートされた情報がインターネットや専門誌に掲載されていますが、概ね、転職回数は3~4回ほどと回答されています。つまり、それなりの頻度で転職が繰り返されているということです。

では、そんな看護師のみなさんはどんな転職方法を使っているのでしょうか?多くの方が求人広告や人材紹介を利用していて、近年ではインターネットでの看護師転職専門サイトも増えてきており利用頻度は急増してします。インターネットであれば、仕事をしながら転職先をすぐに探せる上に、口コミ情報などの情報収集や先方とのやりとりや面接のアポイントを取るといったことも自由自在にでき、転職の難易度は下がってきていると言えるでしょう。

ただし、他の職業と同様に自分のライフスタイルや希望、性格などに合う職場を見つけるのには慎重になる必要があります。子育ての理解があり有給休暇や育児休業がしやすい職場、そうでない職場。シフトの融通が効きやすい職場、そうでない職場。やりがいはとてもあるけれど、仕事が多くててんてこ舞いの職場と、そうでない職場。自分が何を優先するのか?自分の持っている価値観を見極めて、それに合う職場選びが必要なのは、看護師の転職の場合も同じです。

看護師の転職体験者の話を聴くと

いくつかポイントとなる要素が上げられますが、意外と多いのは、「自分の目で職場を見て決めるべきだ」という意見です。できれば、休日などに実際に職場となる病院やクリニックを訪れて、働いている看護師さんの様子をじかに見るのが大切だということで、その仕事ぶりから経験者であれば、自分と合う場所かどうかが判断できます。なかなか忙しくて職場を見に行けない時は、看護師転職サイトを利用して、職場の雰囲気の調査をお願いするといいでしょう。職場の雰囲気から人間関係まで詳細に無料で調査してくれるので、転職を真剣に考えている看護師さんには人気のサービスです。

また、もし求人情報は出ていないけれど就職したい病院やクリニックがあったら、看護師転職サイトに一度電子メールで問い合わせてみるのをオススメします。これから求人を出そうと思っていたなんてこともよくありますし、特に求人を出すほどではないけれどもう1~2人看護師を増やしたかったという事情も現場ではよくあることなのです。このような場合はあえて求人公開はせず、看護師転職サイトのような専門の斡旋業者に非公開求人として託している場合がほとんどです。必ずしもあなたの経歴や専門の仕事に空きがあるかはわかりませんが、気軽に問い合わせてみるとチャンスが巡ってくるかも知れません。